IRODORI BLOG

”月の満ち欠け”と”女性ホルモン”の関係性を知ってかしこく美しく

公開日 :

こんにちは!irodori編集部のかおルンです。今月から編集部に加入しました!

美容中心に「これシェアしたい!」とビビっときたものをお届けしていきますので、よろしくお願いいたします。

 

最近は冬の乾燥、マスクによるメイク崩れなど、日常からスキンケアの悩みが絶えないですよね。皆さんはどんな工夫していますか?

 

月の満ち欠けと女性ホルモンの関係

月の満ち欠けが女性ホルモンと大きく関係しているというのは、皆様も耳にしたことがあると思います。例えば、生理前は、肌が荒れやすかったり、気持ち的にも落ち込んだりしやすかったりなど、私もよく悩んでいました。今日は、満ち欠けごとにどんなスキンケアを心がけると、スッキリライフへの近道ができるかをご紹介したいと思います。

 

過去の関連記事はこちら

 

生理の周期は平均して28日(※個人差があります)。

月の満ち欠けの1サイクルは29.5日。

そして肌のターンオーバーは、部位や年齢により異なりますが、正常な皮膚では約28日間(細胞形成に14日間、古い細胞が剥がれ落ちるまでに14日間)とされています。

 

【参考サイト】ホットディノス「月のリズムを知って、美しくなる 月の満ち欠けとからだと心の関係」より

 

新月~上弦の月(生理~排卵前:低温期)

 

新月の日=新たなコスメを追加したり、スキンケアを一新する日として、ぴったりです。

 

上弦の月は、栄養を蓄えるのに適した時期です。不足している栄養素がよく吸収される期間でもあります。

 

新月~上弦の月の時期はアクティブ期ともいわれ、

スキンケアでは栄養・美容成分を吸収しやすい時期なので保湿をしっかりとしましょう

 

最近は乾燥しやすい時期ですので、

①ボディオイル

②ボディローション

の合わせ技がお勧めです。①ボディオイルがブーストの役割をしてくれるので、

オイルを先に塗っておくと、②ボディローションの浸透力がアップします。

満月~下弦の月(排卵~次の生理前:高温期)

 

満月の日栄養の吸収が最大になるので、とっておきのスペシャルケアにぴったりな日です。

リッチな成分をプラスしたり、エステへ行くのも満月のタイミングに合わせるとお勧めです。

 

下弦の月(満月から新月までの14日間)は、からだの浄化作用が高まっていく時期といわれています。

老廃物を排出したり、ダイエットに向いている期間です。

メラニン、古い角質、毛穴の汚れ、むくみなどをリセットしてすっきりしたいですね。

好きなアロマオイルでのマッサージや、ダイエットにお勧めな時期です。

 

まとめ

 

新月~上弦の月:アクティブ期

・生理周期でいうと生理開始~排卵前

・新月の日=スキンケアを一新するのにお勧めな日

・保湿をしっかりと

 

満月~下弦の月:デトックス期

・生理周期でいうと排卵~次の生理前

・満月の日=栄養の吸収が最大になる日、スペシャルケアにぴったりな日

・マッサージや毛穴のお掃除にお勧めな時期

 

■2021年の新月

1/13、2/12、3/13、

4/12、5/12、6/10、

7/10、8/8、9/7、

10/6、11/5、12/4

 

■2021年の満月

1/29、2/27、3/29、

4/27、5/26、6/25、

7/24、8/22、9/21、

10/20、11/19、12/19

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

次回もお楽しみにしていてください!

 

関連するタグ
Written by かおルン

浅草出身の自称スキンケアオタクです!現在、コスメコンシェルジュの勉強中です。
最近はボディーローション収集にはまっています。好きな香りは、ローズマリー、ラベンダー、ムスクです!
休日のリラックスタイムは、好きなハーブティーを飲んだり、ヒーリングミュージックを聴きながら、ストレッチをするのがお気に入りです。