IRODORI BLOG

意外と知らない。カシューナッツが健康にいい理由3つとおすすめな食べ方

公開日 :

こんにちは、irodori編集部の管理栄養士ええねんです♪


みなさんは、おやつやおつまみでナッツを食べる機会はありますか?
私は、ミックスナッツが好きでよく食べるのですが中でもカシューナッツが大好きです。

ミックスナッツだと一番早く食べ終わってしまいます。

カシューナッツは、舌触りが滑らかで香ばしく、ナッツの中では柔らかい方なので食べやすいんですよね。

最近、ナッツの中でアーモンドが健康にいいという記事を見かけ、私が好きなカシューナッツも栄養が豊富なことを知らない人もいるのかも!と思いました。

今回はカシューナッツの効果についてお話していきますね。

カシューナッツの3つの効果

疲れやすい方や太りやすい方におすすめ

カシューナッツにはビタミンB1が多く含まれています。
ビタミンB1は、ごはんやパンなどの炭水化物をエネルギーに代謝するのに必要な栄養素です。

また、カシューナッツに含まれる脂質は、体温を調整したり、細胞膜を作り臓器を刺激から守ったり、体の健康を維持するために必要な三大栄養素のひとつです。

適度に食べることで、疲れやすい方や炭水化物をよく食べて太りやすい方におすすめです。

ナッツの中ではNo1.貧血予防に

カシューナッツは、ナッツ類の中でもヘモグロビンの元となる鉄分が豊富に含まれています。
鉄分やミネラルの不足による貧血は、食事やサプリメントで予防していくといいですね。

カシューナッツは手軽に取り入れることができるのも嬉しいです。

味覚の維持

体内で作ることが出来ない、亜鉛をカシューナッツは豊富に含んでいます。
亜鉛は、味覚の維持に必要なミネラルです。
肉類や魚にも亜鉛は含まれますが、ダイエットで食事の量を控えている方やベジタリアン、ビーガンの方には不足しやすいので意識して摂取することをおすすめします。

また、亜鉛は運動で汗をかく方にも不足しやすいので、エネルギー補給にナッツを食べるのもいいですね。

カシューナッツの食べる目安


栄養が豊富なカシューナッツは、食べれば食べるほど体にいいと言うわけではありません。
厚生労働省のeヘルスネットによると間食の適量は、カロリーで示すと1日当り120~200kcal程度と推奨されています。

1日当たりの間食を150kcalとした場合、カシューナッツ16粒程になります。
片手で手のひらに収まるくらいの量ですね。

カシューナッツのおすすめな食べ方


カシューナッツの効果について知ったところで、おすすめな食べ方や選び方をご紹介していきます。

油で揚げてないオーガニックなもの

カシューナッツは、油で揚げている商品があり、油で揚げた分カロリーが高くなりがちです。

また、健康のためにナッツを食べるならオーガニックなものを選ぶとよりいいです。

料理に取り入れる


カシューナッツは、料理にもよく使われており、なじみのあるものだとカシューナッツの炒め物があります。

あとは、軽く砕いたカシューナッツをサラダに振りかけても、香ばしいカシューナッツの香りや食感が楽しいサラダになります。

楽しく続くサハレ スナック


健康にいいものなので、日々の習慣として食べていくといいですよね。

続けるコツは美味しい食べ方に出会うことが大切です。
美味しいと続けやすいし、食べるのが楽しみになりますので、自分の好みに合う商品を見つけることが大切になります。


ちなみに、わたしのおすすめは「サハレ スナック

何種類かシリーズものであり、気分によってチョイスできます。

サハレはパッケージがとってもオシャレで、持ち運びしやすい大きさなのでテンションもあがります♪

体にいいカシューナッツをさっそく取り入れてみよう

今回はカシューナッツについてお話しましたが、少しでもカシューナッツが健康にいいことが伝わったら幸いです。

自分の続けやすい方法で、カシューナッツを取り入れてみましょう。


今日もあなたの素敵な1日をお過ごしください♪

関連するタグ
Written by 小林ええねん

ガールズフードクリエイターのええねんです。
健康でキラキラした毎日を過ごせる、そんなお役立ち情報をお送りします。
海を見るのが好きな千葉県出身、おっとりして見えるけどチャレンジャー気質のギャップの持ち主。

管理栄養士として透析クリニックに3年半、管理栄養士専門のキャスティング事業1年半、現在はヘルスケア専門のデジタルマーケティングの仕事をしながら資格と経験を生かしライターとして活動中。
美容ヘルスケア、マーケティングを愛しています。
あなたの心地いい毎日に何か良いものを添えられたら幸いです。